仁希のthankfulな日々
人の側面
世の中誰とでも仲良くやっていける人っているけど、でも多くの人は大なり小なりこの人は好き、苦手ってあると思う。
私はわりと好き嫌いが激しい方(^^; それも第一印象で決めつけちゃったり。
大人になってそれではいけないと、いい所を見つけようとしたりはしてますが…
私は割と転職した方なので(^^; それぞれの職場にやっぱり1人や2人は必ず苦手な人がいて。
どうしても耐え切れなくて、転職してもやはり新しい会社にも似たような人がいたりして。
結局自分がその苦手なタイプを自分で乗り越えないと、いくら転職しても、どんな環境の中にも同じような人が現れて苦しんでしまう。
でも正しく乗り越えたら、もう次から現れない。
また別のタイプに苦しむこともあるけど、1度乗り越えた自信がつくと解決法も見つけやすくなる。
逆に私の存在が誰かにとって苦手とか嫌いになってたりしてたことの自覚もあって。
世間知らずの頃は、なんでこの先輩私にだけ酷いんだろ、、、細かいこといっぱい言うんだろう、、、って悩んだりして、でも数年経ち、いざ自分に後輩ができると、その先輩の有難味がよくわかったり、自分も後輩に対して同じことしてたり…。

以前勤めてた会社に強烈に裏表のある女性の先輩がいた。
初めはとても親切で親しげで、いい人だと思ってた。
でも後にわかったことだけど、彼女は初めから私のこと嫌ってたそうで。
1番の理由は彼女が好意を持っていた上司(妻帯者)と私が会社に入る以前からの知り合いだったから。その上司と私はただ単に仕事上の接点が少しあっただけ。
嫉妬から始まり、彼女は私のすることすべてが気に入らないらしく、私には親切にする振りをし陰では嫌がらせの裏工作を。
でも元々彼女は裏表の激しい性格で、彼女を苦手とする人たちもたくさんいたわけで。
要領のいい人は適当に彼女を煽て上手に仕事させてたけど、逆に気の弱い人は彼女に良いように使われて…。
数年後には私の知らない所で、彼女派vs私派みたいな派閥ができてて、部長なんて「○○はおまえの派閥みたいだぞ〜」なんて面白がってるだけで。私は誰かを取り入れたりとかした覚えは全くないんだけど。
その頃には私に対して、彼女の裏表はなくなって、全て裏みたいな理不尽な仕打ちにあい続け。
ずっと我慢してたけど、ある日翌日有給とる為に前倒しで仕事を片付けようとサービス残業してたら、彼女がやってきて全く理不尽な説教を30分以上され、バカらしくて反論せず黙って聞いてた。(だって反論したりしたら彼女と同等な人間になってしまう)
その私の態度がさらに彼女を怒らせたらしく、さらに私の人間性のダメ出しまで。
こっちももう限界と思い笑顔で「その通りですね」というと、顔を真っ赤にし激怒しながら退散していった。
でもさすがに悔しくてその夜は一睡もできなかったけど。
そんな時に出合って、私を救ってくれた聖書の言葉があります。
「愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、『主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する』と書いてあるからである」。
「むしろ、『もしあなたの敵が飢えるなら、彼に食わせ、かわくなら、彼に飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃えさかる炭火を積むことになるのである』。悪に負けてはいけない。かえって、善をもって悪に勝ちなさい」
(ローマ人への手紙12章19〜20節)
神様が見てくれてる、誰かがわかってくれてる。
そして「因果応報、、、自分で蒔いた種は自分で刈り取ることになる」なんて言葉もある。
だからきっと彼女は私の知らない所で罰を受けるはずだと、我慢することができた。

今でもその言葉は私の教訓になってる。
人に裏切られたり、嫌な思いをさせられたりしたら、その言葉を思い出す。
逆に自分に悪い事、嫌な事があると、あ、、もしかしたら誰かを傷つけたり嫌な思いをさせてるのかもしれないと反省する。
でも私はとっても不完全な人間だからもちろん反論も、反撃もする時もあります(^^;
私が尊敬している女性が私にこうアドバイスしてくれた…「感謝の気持ちを忘れてるヤツには牙を剥いてやりましょう!! いい薬になりますよ〜」と。

誰にでもいい顔する人、誰にでも優しくする人って、本当に大切な人を寂しがらせてることがある。
誰にでも優しくしてるつもりなのに、みんなを少しずつ傷つけてる。
我慢しなきゃいけないことは我慢して、言わなきゃいけないことはきちんと言える、気にしなくていいことは気にしない、そんな人になりたい。


JUGEMテーマ:日記・一般
 
words : comments(0) : - : 仁希 :
ピンチはチャンス
「チャンスはピンチの姿をしてやってくる」

コレは数日前、目にした言葉。
今まで何度かこういうこと、経験してきた。
ピンチがやってきたときは、本当にどうしたらいいかわからなくなって
動けなくなってしまう。
ピンチの中にいるときは、ただ苦しくて辛くて・・・
でもそのピンチをどうにかすべく、行動を起こすしかなくなってくる。
それには大きな不安や無理、ときにはどうにでもなれ!って思いまで伴ったりする。
あるいは、どんな行動を起こせばいいかわからない時、ただ闇雲に動くのではなく、ただ祈り、
時期が来るのを、答えが与えられるのを待ったり。
自分の意思に反して、周りから背中を押されたり、突き動かされたりするときもある。

でも、そのピンチを通り抜けたとき、自分が以前よりちょっと強くなっていたり、何かが改善されていたり、
思わぬ副産物まで手に入れてたり。
ピンチはチェンジのためのチャンスなんだ。。。

今年に入ってずっと、思い悩んでたことがあった。
苦しみ、衝突し、傷つき、失うものもあって・・・
悩めば悩むほど、話し合いをすればするほど、ぬかるみに嵌っていくようだった。
でも明日、やっと、答えが出る・・・

words : comments(4) : trackbacks(0) : 仁希 :
泣く
泣く

嬉し泣きならいいけど、悲しくてとか、辛くて、泣くって
出来るだけしたくない
誰でもそう思うはず。
私だって、したくない。
しかもそれが真夜中だったりすると余計に、、、夜中ってなんだか感情が高揚する。
よく“ラブレターは夜中に書くもんじゃない”とかって聞くけど、確かに夜中に書く文章って、あとで読み返すと赤面するほど一人で大盛り上がりしてたりする。
逆に感情がネガの方に向くと、とことん過去のちっちゃいことまで掘り起こしてきて、止まらなくなる。
涙も止まらなくなる。
明日また早く起きて仕事なのに、また寝る時間なくなるのに、、、ってそれもまた悲しくなって、止まらなくなる。

そうして、夜中にネガに向かって、止まらなくなって、結局4時間だけ寝て、朝、瞼がはれて、寝不足で辛いはずなのに、妙に気分がスッキリして、なんだか元気まである。
そんな時思う、昨夜の辛かったことは、きっと、解消できずに溜まり続けているストレスを発散させるために、与えられたものだったのかもって。
忙しすぎて、いろんなこと我慢しすぎて、余裕がなくて、いろんな感情を押し殺してても、やっぱり限界ってある。
先日プチ過労でちょっと倒れてカラダから信号でてるのに、翌日からまたそんな信号無視して、同じような日々繰り返してた。
何日か経ってやっぱりよくないって、温泉に行って半日カラダをしっかり休めた。
仁希の大好きな海の見える温泉でリラックスして、カラダの緊張は少し解れた。
でも、押し込めてた感情はそのままにしてたから、だから涙になった。

「泣く」、「涙」、という漢字。
これは仁希なりの解釈で、たぶん違うのだろうけど、
「泣く」 カラダの中の大切な水が、元気になるために、再び立ち上がるために流されること。
「涙」  カラダの中の大切な水が、良い状態に、再び戻るために流されること。
仁希はそんな風に思います。
だから、泣くことも、涙を流すことも、たいせつなこと。
泣いたって、また立ち上がればいいんだしニコニコ

こんなページを見つけました。
科学的にも証明されているのですね・・・

そして、もうひとつ。これはなんだかロマンだか、奥深さを感じさせますね。



words : comments(4) : trackbacks(0) : 仁希 :
door
私の大切な友達、ジェニファーがこんな言葉で私を励ましてくれた。

ひとつのドアが閉じられても
また別の新しいドアが開かれる


新しいドアの向こうには、仁希のための新しいpath(道)が続いてるはずよ
って、私に微笑んでくれました。


今朝、ちょっと良い夢を見て、とても良い目覚めで・・・
そのお陰で、1日いろんな事がはかどったり、ちょっと人に優しくなれたり。

そして、眠りに着く前にまた、人の優しさに触れたり。

明日も良い日になりますよぉに・・・

words : comments(0) : trackbacks(0) : 仁希 :
今日出来ることは・・・
とってもタイムリーに、今の私の胸に突き刺さった言葉
“今日出来ることは、今日済ませなさい、明日のことはわからないのです”
私は今まで、明日できることは明日しよぉ〜!となんでも先延ばしで
ギリギリに切羽詰らないとやらない、、、切羽詰ってもやらない、、、で
その時を迎え自己嫌悪に陥ると言うことを繰り返してきた。
その時は落ち込むけど、立ち直りも早いから結局懲りない人止まり。
特にこの数ヶ月、忙しさを言い訳に本当にしなければいけないことを
後回しにしてきた。
そして目の前の楽しいこと、ラクなことしかしなかった。
そんな私に言葉は続く、、、
“神様は高ぶるものを退け、へりくだる者に恵みをお授けになる”
だから私は大事なものを失い、苦労が与えられた。
あることが終わって、やっと一息つけるから、だから明日からまた
気持ちを入れ替えて、先延ばしにしてたこと、そして新しい挑戦、
いろいろなこと頑張っていこう・・・そう気合を入れたその日に、
昨日まであったものを失って、それらは全て実現不可能なものになってしまった。

今日と同じ明日がまたやってくるとは限らないんだ・・・・・・

“なすべき正しいことを知っていながら行わないなら、それはその人の罪です”

words : comments(0) : trackbacks(0) : 仁希 :
いつかきっと
いつかきっと、、、ね・・・ いつかきっと
佐野元春さんの「SOMEDAY
先程、小田和正さんとTVで歌ってたMoto
久し振りに動くMotoを見ましたニコニコ
やっぱりこの曲大好きです。
あのピアノのイントロのフレーズが流れてくると
心の中の何かをぎゅっと掴まれる様な、そんな気分になります。

「30代には30代のいつかきっと、40代には40代のいつかきっとがある」って
そんなことMotoが言ってました。
ん・・・そうかもしれない
私がしたこと、正しかったのかどうなのか、、、
まだ答えが出てないことがある
久し振りに見たmotoがそのことを思い出させた。
人って、大切な時に、大切な人に、嘘をつくことがある・・・
前を向くために、前を向かせるために。

いつかきっと
わかるときがくるはず
いつかきっと

words : comments(0) : trackbacks(0) : 仁希 :
おちたいの
12月4日は私の親友のお誕生日
久し振りに会った彼女は元気そうで一安心。。。
でもストレスでちょっと太っちゃったんだって・・・
そうは見えなかったけど、、、
似たもの同士の私たちはやっぱり、同じストレス太り体質なんだ(^_^;)
美味しいもの食べて、たくさん食べたのに、やっぱり甘いものは別腹

本音で語って、ゲラゲラ笑って楽しい時間を過ごしました。
で、今日の結論・・・「恋はするものではなく、おちるもの!」
恋ってしたいといってできるものではないんですよね、、、
気が付いたらおちてた・・・みたいな。
おちたいてれちゃう

ここ数年、彼女は本当に様々な試練、困難を乗り越えてきた。
今日、久し振りに会って、また何かを乗り越えてた。
本当に彼女は強い人だなぁって尊敬する。
きっとこれからはHAPPYなことがたくさんあるはず。。。
お誕生日おめでとう・・・
これからもお互い頑張っていこぅ
words : comments(0) : trackbacks(0) : 仁希 :
季節は待つものだ・・・って
27日のバグダッドカフェでのライヴで気分が悪くなって帰っていった仁希を心配して
バグのTAKAさんが、仁希の話を聞くために素敵なcafeに連れて行ってくれましたニコニコ
で、さっき、戻ってきましたー
バグライヴについて建設的な話し合いも出来ましたし、女同士深い話なども。
やっぱりTAKAさんはとても尊敬できる素敵な女性です。。。
仁希なんてまだまだ甘いなぁって思いました。
最近の仁希は、珍しく感情の起伏が激しかったのでかなり意識が混濁して
大変な状態でしたが、口に出して説明して聞いてもらっていくうちに
頭の中が整理されて、ずいぶんスッキリしてきました。
TAKAさんに言われた、、、「自分はどうしたい、どうなりたい、どう
進んで行きたい、それが明確になったら、仁希ちゃんが抱えてるものが
クリアされるよ。きっと仁希ちゃんならすぐ乗り越えられるよ」って。
本当にその通りだと思いました。なんだか勇気を貰いました。


ふとそのcafeに、その空間に、この時に、この曲しかありえないという曲が流れてきました
キャロル・キングの「SWEET SEASON」 私にとってもっとも大切な曲。
そして、1998年に放送された同名のドラマに出てくる万国橋沿いにある
「SWEET SEASON」というお店に、まるで自分がいる様な錯覚に・・・
甘く切ない記憶が戻ってきた・・・あの頃にもし戻れたら、もっと素直になって・・・なんて考えてみたけど、やっぱり過去には戻れないし、、、
そのドラマに出てきた言葉、「季節は待つものだ・・・って」
そうかもしれない。
もっと素敵な季節がまた廻ってくるかもしれない・・・
そう、TAKAさんにも言われた、「今できること、今やらなきゃいけないこと
してようよ」
そうだ・・・そうして季節を待とぅ。

words : comments(2) : trackbacks(0) : 仁希 :
地球交響曲
今日、「地球交響曲」という映画を見に行きました。
「地球の声がきこえますか。」という呼びかけで始まる映画「地球交響曲」は、今この時代に、母なる星・地球の未来にとって示唆にあふれたメッセージをもつ人々をドキュメントしたオムニバス映画です。
とあります。その第1番を見ました。
実はこの映画のことを知ったのは一昨日の夜。
たまたまその前日の木曜に知人からある本を借りて、昨日一気に読んだのですが、その本の内容とこの映画が見事にシンクロ(synchronicity)してて、驚きました!
きっと今の私にはこれらのことを知る必要があったのでしょう・・・
確かに本とこの映画を通して様々なことを考えさせられましたし、大きな
感動と希望を貰いました。

今、人間のエゴで地球環境が破壊され、温暖化や脅威を増す自然災害、
格差社会、まもなく崩壊するであろう資本主義、、、など。
マスコミも悪いことばかり取り上げ、なおさら不安を煽る。
だから私は心のどこかで、近い将来この地球がリセットされ、その時に
私もなくなってしまえばいいと思っていました。
でもそう諦め投げ出してしまうのは早いようです、、、というか無知過ぎました。
地球からの声を聞き、現在の常識にとらわれず、愛と希望を持って
素晴しい未来を築こうと努力している人たちがたくさんいる・・・
今の私に何が出来るかわからないけど、まずできること、、、
偏った情報に惑わされず、いろんなことに目を向け、耳を傾けていきたいと思います。

映画の中のダフニー・シェルドリックの言葉
『エレナは全てを知っている。それでもなお人間を愛している』
エレナとは象牙密猟者に親を殺され、ダフニーに育てられ野生に還って行ったメスの象。その後もダフニーと共に、同じ境遇の象を育てている。
象は高い知性を持ち、人間が象牙のために親や仲間を殺すことを知っている。
だから殺された仲間の象の象牙を抜き、隠し、せめてもの弔いをするそうです。
エレナは人間に親を殺され深い心の傷を持ち、密猟者による仲間の死を
見続けている・・・それでも同じ人間であるダフニー達を愛し、助けている。
きっと、全ての動物や植物、そして地球自体も、良くなっていくための協力は惜しまないはずで、もっともっと大きな力や可能性を秘めている。
そのことに一人でも多くの人が気づいていくことが必要なんだと思います。

words : comments(0) : trackbacks(0) : 仁希 :
君の友達
3日の朝、私の大切な仲間で、何度も一緒にステージで演奏した
ドラマーの斎藤BBさんが、交通事故で亡くなられました。
昨日(6日)告別式でお別れしたのに、未だ信じられません・・・
信じたくありません。
6年前に出会って以来、本当に多くのことを教わり、多くの経験を
させて頂きました。また彼を通して多くの方と出会うことができました。
会う度に、「コレ良いから聴いてみて」とCDをくださったり、
一緒にステージに上がらないときでも、ライブを見に来てくださったり。
たくさん夢を持ってて、いつも夢を追いかけて走り回ってるような、、、
生き急ぐ・・・まさにそんな人生だったように思います。
本当にこれからだったのに、、、悔しくてしかたありません。

5日お通夜が執り行なわれていた時、私は博多のニューコンボでライヴでした。
胸が押し潰されそうな思いでしたが、斎藤さんが聴いててくれればと
彼が好きだった曲、キャロル・キングの「You've got a friend(君の友達)」を歌いました。
たまたまこの日、ライブに来てくれた私の友達が偶然誕生日だったので
その友達の為にも感謝の気持ちを込めて歌ったのですが。
君が落ち込んで悩んでいるとき
そして助けが必要なとき
そしてすべてがうまく行かないとき
目を閉じて私のことを思い出して
そうしたらすぐに君のところへ行くよ
真っ暗な夜でも明るくするために
そう君には友達がいるんだ

斎藤さんはjazzはもちろん、いろんなジャンルの音楽に興味を持ち
英語の歌詞も全て理解しながら聴くような、本当に音楽が好きな方でした。
いや、音楽だけではなく美術、文学、様々な分野の知識を豊富に持つ方でした。
そんな斎藤さんのことを思いながら、You've got a friendを歌っている途中、
突然、本当に突然、ステージ内のスピーカーの音量のレベルが上がって
とてもクリアに聞こえるようになったのです、、、私もピアノの工藤さんも
動揺するくらい突然に・・・
きっと斎藤さんがここに居て、聴いてくれてて、それでこうしてくれたのだと
思わずにはいられませんでした。

斎藤さんの意思は、きっと斎藤さんを慕っていた多くの方が引き継ぐことでしょう。
私ももちろん微力ながらお手伝いさせて頂きたいと思っています。
そして何より、私は天国から見ていてくれている斎藤さんをがっかりさせないよう
もっともっと努力して歌を大切に歌っていきたいと思います。





words : comments(0) : trackbacks(0) : 仁希 :